訪問看護ステーション 結 - よくある質問 -

 

Q: 訪問看護指示書が無いと、なぜいけないのでしょうか?
A: 訪問看護及びリハビリテーションはかかりつけの医師が作成した訪問看護指示書が発行されてから、訪問看護ステーションが作成する訪問看護計画書の下、行われるように法律で制定されております。また、利用される方のお身体の状態を把握されている主治医と連携し、健康と安全の維持に努めてまいります。
   
Q: 生活保護を受けているのですが、サービスを受けることは可能でしょうか?
A: かかりつけの医師、もしくは担当のケアマネージャーの方にご相談ください。役所等での諸手続きが必要です。
   
Q: 急な都合により、訪問サービスをキャンセルしたい場合キャンセル料は発生しますか?
A: 事前にご連絡を頂ければキャンセル料は発生しません。ご連絡なしの場合は基本料金の100%を頂戴いたします。
   
Q: 訪問看護は、週に何回利用できますか?
A: 介護保険の場合は、利用者様の希望や現状に踏まえたケアプランに組み込まれます。医療保険の場合は、通常週3回までになります。但し、進行性筋ジストロフィー等の厚生労働大臣が認めた疾患(特掲診療料施設基準等別表7)、人口呼吸器使用等の特別管理加算の対象者(特掲診療料施設基準等別表8)は、制限なくご利用いただけます。また、急に症状が悪化したときなどは医師の特別指示により、医療保険で毎日訪問看護を利用することも可能です。
   
Q: 訪問看護は、夜間休日も訪問してもらえますか?
A: ステーションは24時間連絡体制をとっていますので緊急の場合は電話で相談できます。また状態によっては夜間休日の訪問もできます。 但し、通常の訪問看護は月~金の9時~18時までとなっております。